オペラ チケット イタリア

Arena di Verona


Poltronissima Platinum, € 295
Poltronissima Gold, € 247
Poltrona, € 157



カルミナ・ブラーナ、C. オルフ

カルミナ・ブラーナ、C. オルフ

カール・オルフの「カルミナ・ブラーナ」は、オーケストラ、合唱、声楽ソリストのための力強いカンタ-タ。この20世紀の音楽の最高傑作を、アレーナ・ディ・ヴェローナで味わうことは、またとない経験となることでしょう。1937年にフランクフルトで初演されたこのユニークな傑作は、13世紀の写本の歌詞と詩に音楽をつけたものです。その歴史的性質を考えると、古代ローマ時代の円形劇場は、理想的な舞台と言えます。アレーナは紀元1世紀以来、街の真ん中に建っており、現在ではクラシック音楽やオペラの上演に広く使われています。このコンサートのチケットには、ヴェローナの主な見どころを多言語ガイドで巡るミニ列車ツアーも含まれています。

オルフは、1803年にバイエルンのベネディクトボイエルン修道院で発見された「ボイエルンの歌(カルミナ・ブラーナ)」と呼ばれるドイツ語の写本に魅了されました。現在残っている中世の他の多くのテキストとは異なり、この本には粗野で世俗的な歌詞が多く含まれていました。オルフは、このテキストから24の詩を取り出し、想像力を駆使して音楽をつけました。譜面には各曲の大まかなテーマが記されていますが、もとの音楽は残されていなかったため、オルフは解釈に制限を設けませんでした。彼は、選んだ詩を、「初春に」「酒場で」「愛の誘い」という3部に分けました。

「カルミナ・ブラーナ」では、オルフの作品の中で最も有名な合唱曲「O Fortuna おお、運命の女神よ」も歌われます。この曲は何十年もの間、テレビや映画で広く使われてきました。スリリングとも言えるこの曲の性質は、このテーマ的にいかに強いものであるかを示し、運命、幸運といったものの性質と、それらが人々に与える影響についての警告の役割を果たしています。

このコンサートが行なわれるアレーナ・ディ・ヴェローナは、美しいブラ広場にあり、ここから約25分のミニ列車ツアーが出発します。このツアーでは、貴族デッラ・スカラ家によって建てられたおとぎ話に出てきそうな中世の城カステルヴェッキオを訪れます。また、アディジェ川の両岸を走りながら、ガヴィ門など古代ローマ時代のモニュメントや、ポルタ・ボルサーリとして知られる主要な城門も巡ります。ツアーは、コンサートと同日に組み合わせることも、前後の1日にすることも可能です。迫力ある音楽とガイド付きのすてきなツアーで、どなたにもお楽しみいただける体験です。




image Arena di Verona / Per gentile concessione Fondazione Arena di Verona / Foto Tabocchini Gironella