オペラ チケット イタリア

Arena di Verona


Poltronissima Silver, € 235
Poltronissima, € 205
Poltrona, € 172
II Settore Puccini, € 120
III Settore Rossini, € 93
IV Settore Gradinata Numerata, € 78
V Settore Gradinata Numerata, € 59



カルメン、G. ビゼー

 カルメン、G. ビゼー

1875年3月3日、ジョルジュ・ビゼーがパリのオペラ・コミック座で「カルメン」を初演したとき、その芸術的ビジョンの大胆さと音楽の魅力は、すぐに大きなインパクトを与えました。パリの上流社会とフランスのオペラ批評家たちは、ただただ衝撃を受けて混乱しました。単細胞の男たち、安易な女たち、卑しい欲望、原始的な暴力など、社会の底辺に焦点を当てたオペラは、彼らがこれまで経験してきたようなものではなかったからです。しかし、ビゼーの素晴らしい音楽と、論争の的となったストーリーのおかげで、「カルメン」は当初から注目を浴び、名声を得るにいたりました。荘厳なアレーナ・ディ・ヴェローナで、強烈でドラマチックなこの作品がより一層引き立つことでしょう。チケットには、「カルメン」の公演と、ヴェローナの史跡巡りが含まれています。ミニ列車のツアーで「愛の町」の歴史に浸り、360度の芸術体験をお楽しみください。

「カルメン」の原作は、物議を醸し出したプロスペル・メリメの同名の小説で、それをアンリ・メイヤックとリュドヴィク・アレヴィが、スキャンダラスな要素はすべてそのまま残して脚本にしました。主人公のカルメンはジプシーのファム・ファタールで、社会的な規範や人の気持ちを無視して、刹那的に生きることを哲学としています。その魅力で、兵役から戻ったばかりの伍長ドン・ホセを簡単に誘惑してしまいます。ドン・ホセは、セヴィリアの村人たちの蔑みも、幼なじみのミカエラの心も捨てて、カルメンに盲目的に恋してしまいますが、本能のままに生きるカルメンはすぐにドン・ホセに飽き、次のターゲットであるマッチョな闘牛士エスカミーリョに気持ちを移します。侮蔑されたドン・ホセは、血の報復を求めることになります。

ビゼーは「カルメン」の舞台と筋書きに合わせるため、スペイン音楽の伝統を深く掘り下げ、このオペラの音楽に民族音楽の要素を数多く盛り込みました。カルメンのハバネラやセギディーリャ、エスカミーリョの「闘牛士の歌」は、クラシック文化と大衆文化の両方において独特の存在感を持つ象徴的な音楽になりました。「カルメン」は、時代を先取りして、最も上演されるオペラのひとつとなり、19世紀の慣習を打ち破ることで、オペラの新たな境地を切り開いたのです。史跡アレーナ・ディ・ヴェローナでは、この「カルメン」の素晴らしさが完璧に表現されます。

ジョルジュ・ビゼーの至宝ともいえるオペラの素晴らしい体験に加え、同じチケットでヴェローナの歴史にさらに浸っていただくことができます。公演当日またはその前日・翌日に、旧市街を通りアディジェ川にかかる橋を渡っていくミニ観光列車にご乗車いただけます。ルートではガビ門や古代ローマ時代の城門をはじめ、荘厳なヴェローナ大聖堂やルルドの聖母教会、カステルベッキオ城やサン・ピエトロ城など、数多くの名所がご覧いただけます。全行程は25分で、このほかにも素晴らしいモニュメントもお楽しみいただけます。「Trenino (ミニ列車)」はアレーナ横のブラ広場から30分おきに出ています。




image Carmen / Per gentile concessione Fondazione Arena di Verona