オペラ チケット イタリア

フェニーチェ劇場


Platea B, € 264
Platea A, € 240
Palco laterale-parapetto, € 180



ロベルト・デヴリュー、G.ドニゼッティ

ロベルト・デヴリュー、G.ドニゼッティ

ザ・ヴァージン・クイーンとも呼ばれる、エリザベス1世の私生活やロマンスについてはほとんど知られていません。彼女の統治によりイギリスは繁栄し、多くの作家、詩人、作曲家が、彼女の人生の物語や彼女が残したものからインスピレーションを受けました。ガエターノ・ドニゼッティはテューダー王朝に魅了され、歴史の表舞台の幕裏を覗き、しばしば隠されたままになっている感情や個人の葛藤を特別な方法で表現しました。その作品「ロベルト・デヴリュー」で、ドニゼッティは、エリザベスの人生における大きな悲劇の1つを明らかにしました。ヴェネツィアのフェニーチェ劇場で、この王室のドラマを間近にご覧ください。

台本はサルバトーレ・カンマラーノの作品であり、彼はジャック=フランソワ・アンスロのフランスの戯曲「英国のエリザベス」をもとにこれを書きました。この作品は、フェリーチェ・ロマーニの台本「エセックス伯爵」との類似点がちょっとした盗作論争を引き起こしましたが、当時は、競合する劇場ではストーリーラインの「借用」が一般的であったとされています。ドニゼッティは、プライベートでは作曲中に、両親、妻、2人の幼い子供を亡くすという悲劇に見舞われましたが、「ロベルト・デヴリュー」は、1837年10月28日にナポリのサン・カルロ劇場で初演され、すぐに観客の心を捉えました。

ストーリーは、エリザベス1世のお気に入り、エセックスの第二伯爵、ロベルト・デヴリューを中心に展開します。ロベルトは、アイルランド総督として、地元の反政府勢力に対してイングランドの利益を守ることに失敗し、ロンドンで反逆罪に問われ、裁判にかけられようとしています。エリザベスだけでなく、彼の昔の恋人ノッティンガム公爵夫人サラも彼を救おうとします。女王エリザベスは、すぐに、ロベルトの心を占めているのは、自分だけではないことに気づきます。政治、愛、陰謀、報復が入り混じり、そこからインスピレーションを得たドニゼッティの音楽は、悲劇的な最後まで、激しい感情を私たちにもたらします。




image Gran Teatro La Fenice / Fondazione Teatro La Fenice, Michele Crosera