オペラ チケット イタリア

フェニーチェ劇場


Platea B, € 192
Platea A, € 156



LAC(ラック)~白鳥の湖~、J.C.マイヨー

LAC(ラック)~白鳥の湖~、J.C.マイヨー

ピョートル・イリイチ・チャイコフスキーの「白鳥の湖」は、バレエのレパートリーの中でも最も有名な作品のひとつであり、これまでにも様々な翻案や演出がなされてきました。ジャン=クリストフ・マイヨーの「LAC」は、このクラシック作品からインスピレーションを受けたバレエの中で、最も大胆で興味深い作品だと言えましょう。世界各地で好評を博したこの「白鳥の湖」の現代版が、ヴェネツィアのフェニーチェ大劇場で公演されます。「LAC」のバレエはもちろんモンテカルロ・バレエ団、そして音楽はフェニーチェ管弦楽団による改訂版スコアのライブ演奏でお送りいたします。

「白鳥の湖」のおとぎ話のような雰囲気は「LAC」にも引き継がれていますが、ジャン=クリストフ・マイヨーは、振り付けにもプロットにも自由な創造性で挑みました。「LAC」では、敵は、魔法使いのロットバルトバロンではなく、黒い服の女性です。彼女はジークフリート王子の幼なじみオデットを誘拐しますが、何年か後にオデットと誘惑者オディールを連れて戻ってきます。ジークフリートは、これまでずっと抱いてきたオデットへの思いと、彼の心を揺さぶるオディールとの間で選択を迫られます。バレエのストーリーに盛り込まれたこの心理的ドラマは、ネオクラシックとモダンダンスを組み合わせたマイヨーのバラエティーあふれる振付に見事に表されており、視覚的にも魅惑的なパフォーマンスとなっています。

チャイコフスキーのオリジナルの「白鳥の湖」のファンは、ロシアのロマン派の楽譜とマイヨー版の編曲との間にいくつかの相違点があることにお気づきになるでしょう。「LAC」では、アーネスト・ピニョン=ア-ネストによるシャープでミニマリストなビジュアルデザインと最新の振り付けに合わせて、お気に入りのメロディーやパッセージが思いもよらない新たなシークエンスやアレンジで表現されています。ヴェネツィアのフェニーチェ大劇場で行われるロシアのクラシック作品の最新版は、皆様の興味と想像力を大いに刺激するに違いありません。このバレエは、すでに賞賛をほしいままにしている作品をまるで高価なダイヤモンドのように磨き直し、皆様にお見せします。サプライズいっぱいのこの「LAC」をヴェネツィアでぜひお楽しみください。




image Gran Teatro La Fenice / Fondazione Teatro La Fenice, Michele Crosera