オペラ チケット イタリア

ムジカ・ア・パラッツォ「椿姫」

ムジカ・ア・パラッツォ「椿姫」

ヴィオレッタ・ヴァレリーが取り巻きと催すパーティーに出席するとしたら? ジョルジョ・ジェルモンがヴィオレッタに息子との関係を断念してほしいと頼む場に居合わせたら? 若いアルフレード・ジェルモンと一緒に、病気の恋人の側に駆けつけるとしたら? ムジカ・ア・パラッツォ「椿姫」でご経験いただくのは、まさにこうした経験です。

ムジカ・ア・パラッツォは、ヴェネツィア中心地区にある華やかなバルバリゴ・ミノット宮で、このジュゼッペ・ヴェルディの大作を、舞台ではなく館のいくつかの間でお送りします。皆様は、ご自分がオペラの舞台で生きているかのように感じられ、ドラマが一層輝いてきます。 「椿姫」が初演されたのは、1853年3月6日、フェニーチェ劇場でした。この公演では、作品とヴェネツィアの町とのつながりをさらに強く感じていただけることでしょう。

ヴィオレッタとの最初の出会い、そしてアルフレードが彼女と恋に落ちる場面は、館の中央ホールであるポルテゴで行われます。プライベートな雰囲気のティエポロの間では、アルフレードに対する想いと、彼の家族の名誉を守るための決心との間で、ヴィオレッタの心が引き裂かれる場面。最後は、館の寝室(小さい控室のある寝室)に移動し、アルフレードとヴィオレッタが再会したものの、彼女が病に勝てなかった、オペラ史上最も悲しい一場面となります。

ヴェルディが、このパラッツォ・ア・ムジカの「椿姫」を見たとし たら、何と言ったでしょうか。現代の皆様と同じぐらい楽しんでいたことは間違いないと思います。この作品で、ヴェルディは、感じたことをそのまま表現しようとしましたが、それは拒否されました。そして、彼が見たままの世界を示すのではなく、遠い18世紀初頭に舞台を移すことを強制されました。当局は、「椿姫」が当時の社会に衝撃を与えることを恐れていたのです。

ヴェルディは、今回ムジカ・ア・パラッツォで行われるように、自分の生きた時代背景にこの作品を置くことをきっと望んでいたでしょうが、彼自身の生涯でそれは実現されることはありませんでした。




image La Traviata / Musica a Palazzo