オペラ チケット イタリア

フェニーチェ劇場


Platea B, € 252
Platea A, € 198
Palco laterale-parapetto, € 138
Loggione, € 94



椿姫、G.ヴェルディ

椿姫、G.ヴェルディ

「椿姫」はオペラ史の中で画期的な作品です。 フェニーチェ劇場が新しい作品を求めており、「リゴレット」の成功でヴェネツィアでの評判が高まったジュゼッペ・ヴェルディは、リスクを冒す覚悟ができていました。

驚くほど大胆なストーリーは論争を呼びました。ヒロインの高級娼婦は、愛する男性の一族の名誉を守るため、自らに値する幸福を諦めます。この男性も貴族ではなく、ブルジョワ階級なのです。そして、ヴェルディのこの新しいオペラは、単にストーリーが異なるというだけではありませんでした。従来のオペラの形から、ストーリーの展開や性格描写の妨げになる点は排除されていました。この作品はドラマ性を中心に置いた音楽であり、ヴェルディは、この点で、イタリアのそれまでの作曲家よりも同時代のドイツの作曲家、リヒャルト・ワーグナーと非常に近いものがあります。

さて、主人公は本当に堕落した女性だったのでしょうか?現代のオペラ愛好家にとって、ヴィオレッタ・ヴァレリーは尊敬に値します。彼女は、アルフレード・ジェルモンの誇り高い意志のために、パーティーや上流社会との付き合いを喜んで放棄するからです。むしろ、息子との関係を諦めるようヴィオレッタに要求するアルフレドの父ジョルジョは、倫理観が欠如しており、尊敬できない人物だと言えましょう。

しかし、19世紀半ばには、これはオペラが扱うことのない領域でした。ヴェルディの時代に「椿姫」を見に行った人々は、ヴィオレッタが実は息子の愛にふさわしいとジョルジョが認めたときと同じように、自分たちの考え、態度、偏見について考え直させられました。さらに、この作品は、ベル・カントの技巧的華やかさに重きを置かず、ヴェリズモが追求したきめ細やかな信憑性ある感情表現を、ピエトロ・マスカーニの「カヴァレリア・ルスティカーナ」よりずっと前に重視したという点でも、非常に魅力あるものになっています。

「椿姫」は先駆的作品であり、書かれてから1世紀半の間、何度も再演されたのも頷けます。1853年3月6日に初演されたフェニーチェ劇場は、このヴェルディの大胆な作品を楽しむのに、最高の劇場と言えましょう。




image La Traviata, Opera by G. Verdi / Fondazione Teatro La Fenice, Michele Crosera