オペラ チケット イタリア




    グリーグ/シューマン、L.ロルティ

    グリーグ/シューマン、L.ロルティ

    フランス系カナダ人のルイ・ロルティは、独特のピアノタッチと、人を惹きつけるロマン派への感受性に恵まれ、ピアニストとしても指揮者としても国際舞台でその名を知られています。最近までベルギーのワーテルローにあるエリザベート王妃音楽堂のMaster in Residenceを務め、カナダ、ヨーロッパ、イギリス、オーストラリア、アメリカなど、世界の主要オーケストラを指揮したり、そうしたオーケストラと共演したりしてきました。ヴェネツィアのマリブラン劇場では、指揮者とピアノ・ソリストの二役をこなし、フェニーチェ劇場のオーケストラを率いて、エドヴァルド・グリーグとロベルト・シューマンのピアノ協奏曲2曲をお届けします。この2曲は、ロルティの感性を反映しながら続けて演奏され、一つの融け合った音楽体験となることでしょう。

    1868年に作曲されたピアノ協奏曲イ短調作品16は、エドヴァルド・グリーグの作品の中で特別な位置を占めており、今日最も人気のある作品の一つとなっています。冒頭のティンパニのロールや、爆発的に下降するピアノが、メインストリームを導入します。けれども、雰囲気はすぐに全く変わり、穏やかな短調の主題が登場し、優しい安定したテンポで展開します。曲全体を通して、ダイナミクスとテンポがシームレスに変化し続け、流れるような弦楽器の主題の合間に、ワイルドなピアノの華やかさが挿入されます。このグリーグの唯一のピアノ協奏曲は、巧なピアニストがその個性を存分に発揮するためのグランドであり、ルイ・ロルティはそれを確実に実現します。

    グリーグの作品とロベルト・シューマンのピアノ協奏曲イ短調作品54は、調性以外にも共通点が多く、二本立ての演奏はとても自然な組合せです。シューマンの協奏曲は、1845年12月4日にドレスデンで初演され、グリーグに大きな影響を与えました。自由に流れるような時間の変化や、冒頭のフォルテに続く激しいピアノのモチーフの下降など、両作品には明らかな類似点があります。シューマンが完成したピアノ協奏曲はこの1曲で、初演とその後の公演では、シューマンの妻で、自らも輝かしい音楽家としてのキャリアを持つクララ・シューマンがソリストとして演奏しています。この曲は、社会的、個人的な障害を乗り越え、もがき苦しみながらも、やがて勝利を手にする二人の恋人の姿を見事に表現しています。グリーグのピアノ協奏曲とシューマンのピアノ協奏曲は、マリブラン劇場でのルイ・ロルティとオーケストラとの素晴らしい夕べにふさわしい組み合わせといえるでしょう。




    image Teatro Malibran / Fondazione Teatro La Fenice, Michele Crosera