オペラ チケット イタリア

フェニーチェ劇場


Platea B, € 264
Platea A, € 240
Palco laterale-parapetto, € 180



カルメン、G.ビゼー

カルメン、G.ビゼー

セックス、犯罪、情熱的な下層階級の人々、そして暴力的な描写 - ジョルジュ・ビゼーの「カルメン」は、今日、大ヒットにつながる要素のすべてを持ち合わせています。悲しいことに、1875年3月3日にパリのオペラ=コミック座で初演されたときには、この作品は、慎重な批評家たちによって酷評されました。 3か月後、先見の明のあったビゼーは心臓病で亡くなり、自分の傑作が、それを認めなかった人々に勝利するのを見るまで生きていませんでした。現在、カルメンはオペラの頂点に立つ作品の1つと見なされています。今回、ヴェネツィアのフェニーチェ劇場でこの作品が公演されます。作品の美しさを心ゆくまでお楽しみください。

カルメンのストーリーは、プロスペル・メリメの同じタイトルの小説に基づいています。 リュドヴィク・アレヴィとアンリ・メイヤックによる台本は、原作に忠実であり、社会の根底にあるものを表現しています。ビゼーは、故意に、そして創造的にこうした表現をとりましたが、初演が批評家にとってショックだったのも、これが理由でした。若いジプシーのヒロイン、カルメンの存在は、ピューリタンから嫌悪されるものです。カルメンは、機会さえあれば、生まれながらの魅力を利用して、男性の間を飛び回り、浮気な関係を結びます。彼女が若い兵士ホセに出会ったとき、ホセはカルメンの魅力に屈さずにはいられませんでした。ホセは、彼を疑わないミカエラとの婚約を破棄しましたが、カルメンは次は闘牛士エスカミーリョを征服しようと狙っています。こうして、カルメンは多くの男性の心をこなごなにしました。しかし、その破片が彼女を傷つける時が来ます。

1820年代のセヴィリアのジプシー、放浪者、兵士の物語を伝えるために、ビゼーはスペインの民俗音楽にインスピレーションを受けた音楽を書きました。情熱的な「ハバネラ」と「セギディーリャ」で、カルメンは魅力ある役割なっている他、テノール、エスカミーリョが虚勢を張るさまは、ホセの控えめな外見と対照をなしています。 ビゼーが一度もスペインを訪れたことがないという事実を考えると、音楽の真正性とインパクトはさらに驚くべきものであり、ビゼーのオペラにおける想像力はいっそう光を放ちます。




image Gran Teatro La Fenice / Fondazione Teatro La Fenice, Michele Crosera