オペラ チケット イタリア

Teatro dell'Opera di Roma


III (Poltrone di Platea), € 180
V (Palchi Laterali plt 1 Ord avanti), € 156



死者の家から、L.ヤナーチェク

死者の家から、L.ヤナーチェク

独創的な音楽と幻想的な物語を得意としたチェコの前衛作曲家レオシュ・ヤナーチェクは、最後のオペラ「死者の家から」の初演を見ずに亡くなりました。この作品は、1862年に出版されたフョードル・ドストエフスキーの小説「死の家の記録」をもとにしています。ヤナーチェクは、この小説からインスピレーションを得て、音楽とともに、リブレットも書きました。このオペラの音楽は、彼の最も完璧な楽曲のひとつとされています。1928年8月12日に亡くなる直前まで、ヤナーチェクはこの作品に取り組み、時間がないことを十分承知していました。1930年4月12日、ブルノ国立劇場でこの作品のチェコ語オリジナル版「Z mrtvého domu」が初演され、世界中の音楽界に足跡を残すことになりました。ローマ歌劇場は今シーズン、ヤナーチェクの作品に忠実にこのオペラを公演します。

ヤナーチェクは亡くなった時、この作品をほとんど公演ができるほどに完成はしていましたが、弟子2人は、この作品に器楽曲とソロの部分を加え、結末を少し明るくする必要があると考えました。後になって、演出はもともとのヤナーチェクのスコア通りになりました。ドストエフスキーもヤナーチェクも、この作品がハッピーエンドのような物語であることを意図していなかったからです。新古典派音楽という観点から、この作品はその重厚さと創造性において記念碑的な存在と言えるでしょう。大規模なオーケストラを必要とするだけでなく、本物の鎖の音を用いて、人々をシベリアの監獄の雰囲気にいざないます。

ストーリーは、シベリアの刑務所に収監されたばかりのアレクサンドル・ペトロヴィッチ・ゴリャンチコフを中心に展開します。彼は重要な政治犯であるとされていますが、新しい囚人仲間とともに、いろいろな物語を語ります。その物語は、時には面白おかしく、時には悲劇であり、また時にはむごいもので、そうしているうちに、囚人同士の友情が芽生え、同時に対立も表面化します。「死者の家から」は、2人の芸術家の素晴らしい出会い。ヤナーチェクの独創的で情感豊かな音楽と、ドストエフスキーの原作に忠実なオペラ化は、魂を揺さぶらずにはおきません。今シーズン、ローマ歌劇場は19世紀の2人の偉大な芸術家にオマージュを捧げ、この作品をお送りします。




image Римский оперный театр / Silvia Lelli / Teatro dell'Opera di Roma