オペラ チケット イタリア




    レクイエム、W.A.モーツァルト

    レクイエム、W.A.モーツァルト

    ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの「レクイエム ニ短調」は、音楽史上最も有名な未完の傑作とされ、常に謎と恐怖に包まれてきました。モーツァルトの未亡人コンスタンツェは、夫の早逝をめぐって、仮面をかぶった謎の人物から作曲の依頼があったとか、モーツァルトが自身のためにこの葬送ミサ曲を書いていたとか、スリリングな噂をいくつも流しました。実際には、フランツ・フォン・ヴァルゼック伯爵が妻の命日のために「レクイエム」を注文していたことが分かっています。弟子のフランツ・クサーヴァー・ジュースマイヤーの努力により、作品は一周忌に間に合い、1792年2月14日に上演されました。コンスタンツェの主張は、おそらく誇張かうそであったのでしょうが、モーツァルトの最後の作品に、より一層の注目が集まるきっかけとなったことは間違いありません。未完でしたが、奇才と呼ばれたモーツァルトの最高の音楽性が表れているこの「レクイエム」が、ローマのサン・パオロ・デントロ・レ・ムーラ教会で演奏されます。

    モーツァルトは、演奏順を守って作曲をする習慣があり、この「レクイエム」にも最初の部分から取り組んでいました。1791年12月5日、モーツァルトは早すぎる死を迎えましたが、テーマがクレッシェンドを見せ、力強い合唱が始まる序奏の清書と、次のキリエの部分の詳細な下書がその時点で終わっていました。また、有名な「ラクリモーサ」と「オファートリー」の楽章の一部もあり、他の多くのアイデアも紙に書かれてばらばらに散らばっていました。ジュースマイヤーは、この書きかけの楽譜を利用しましたが、最終バージョンの大部分は自分のオリジナル、あるいはほとんどが自分の作曲であると主張したようです。けれども、モーツァルトを知っている人なら、この作品の中に彼の幻想性、創造性、表現力を認めることができるでしょう。

    Orchestra Sinfonica Città di Romaと実力派の歌い手たちが、由緒あるサン・パオロ・デントロ・レ・ムーラ教会でこの「レクイエム」を演奏します。この傑作は、永遠の都ローマの暑さもものともせず、輝き続けることでしょう。