オペラ チケット イタリア

Teatro dell'Opera di Roma


Poltronissima, € 150
Poltrone, € 138



ジョヴァンナ・ダルコ 、G.ヴェルディ

ジョヴァンナ・ダルコ 、G.ヴェルディ

ジャンヌダルクの物語は、数多くの芸術作品に影響を与えてきましたが、ジュゼッペ・ヴェルディのドラマティック・オペラ「ジョヴァンナ・ダルコ」ほど壮大な作品はありません。イギリス軍により壊滅寸前に追い込まれたフランス軍を神の啓示に従って救い、1429年に勝利に導いたフランスの村娘の成長する姿を描いています。オペラ「ジョヴァンナ・ダルコ」は、1845年2月15日にミラノ・スカラ座で初演されました。今シーズン同じイタリアの、ローマのオペラ座で原作に忠実に蘇ります。

ヴェルディの台本作者であるテミストークレ・ソレーラは、このオペラが自分のオリジナルであると主張していましたが、今日多くの学者は「ジョヴァンナ・ダルコ」はフリードリヒ・フォン・シラーの戯曲「オルレアンの少女」の翻案だとしています。物語は、フランス王として戴冠する直前のカルロが、イギリスの侵略に絶望しているところから始まります。カルロが武器を捨てようとしているまさにそのとき、農民のジョヴァンナに出会います。ジョヴァンナは神の啓示に突き動かされ、フランス軍を勝利に導きます。その間にカルロはジョヴァンナに心惹かれますが、神と祖国フランスだけに献身するジョヴァンナはカルロに心を動かすことがありません。一方、父のジャコモは、娘が悪魔に取り憑かれていると信じて、イギリスの司令官タルボと密約を結びます。果たしてジョヴァンナは自分の使命を果たし、逆境の中でもフランスに勝利と平和をもたらすことができるのでしょうか。

ヴェルディの「ジョヴァンナ・ダルコ」は、最も有名な作品とは言えず、広く評価されているとも言えません。しかし、ヴェルディの特徴であるドラマチックな語りと感情性を十分に備えています。音楽は、ジョヴァンナに焦点を当て、その運命を見事に表しています。ローマのコスタンツィ劇場で、ヴェルディの隠れた名作をお楽しみください。




image Римский оперный театр / Silvia Lelli / Teatro dell'Opera di Roma