オペラ チケット イタリア

St. Paul's Within the Walls


VIP, € 44
I, € 33
II, € 23



ブランデンブルク協奏曲第2番、J・S・バッハ

ブランデンブルク協奏曲第2番、J・S・バッハ

聖週間は、信仰のルーツに戻り、イエス・キリストの犠牲を思い起こす、精神的に豊かな時期です。このスピリチュアルな旅に、バロック時代の傑作ほど適切な伴奏はありません。ローマの素晴らしい史蹟サン・パオロ・デントロ・レ・ムーラ教会では、ヨハン・セバスチャン・バッハ、アントニオ・ヴィヴァルディ、ゲオルグ・フリードリヒ・ヘンデルの作品が演奏され、この特別な時期にあなたの魂を神性と喜びの高みに引き上げます。バッハのブランデンブルク協奏曲第2番を主とするこのプログラムは、バロック音楽ファンにユニークな体験となることでしょう。

ヨハン・セバスチャン・バッハは、1721年3月、ブランデンブルク=シュヴェート辺境伯に、ブランデンブルク協奏曲を献呈しました。しかし、この作品は、ドイツ、ケーテンやワイマールの宮廷楽長だった時代に作曲されたものです。6つの協奏曲はそれぞれ、バロックの傑作であり、曲風や楽器の使用において革新的な例と見なされています。「ブランデンブルク協奏曲第2番」は、素晴らしいトランペットのパートで有名で、クラシック音楽の中で最も難しいものの一つだとされています。この作品の後には、同じようにヴィルトゥオーゾとインスピレーションのあるメロディーで有名な「バッハの2台のバイオリンのための協奏曲ニ短調」が演奏されます。

バッハの2つの傑作の後には、アントニオ・ヴィヴァルディの「Il Gardellino (イタリア語で「ごしきひわ」の意)」が続きます。この魅力的なフルート協奏曲の中でも、ヴィヴァルディは自然の音を模倣するユニークな才能を示しています。彼の最高傑作「四季」のように、自由に流れる音階と揺らめくトリルで鳥の鳴き声の穏やかなメロディーを巧みに模倣しています。そして、このイースターコンサートの締めくくりは、ゲオルグ・フリードリヒ・ヘンデルの「オルガンとオーケストラのための協奏曲 変ロ長調」。スピリチュアルな音楽のイベントに力強いフィナーレを届けします。ローマのサン・パオロ・デントロ・レ・ムーラ教会の荘厳で敬虔な雰囲気の中で、感動的でしかも心地よい、J.S.バッハの「ブランデンブルク協奏曲第2番」とバロックの傑作をお楽しみください。