オペラ チケット イタリア

Teatro del Maggio Musicale Fiorentino


お取り扱い無


  • 2020年11月12日
  • 2020年11月15日
  • 2020年11月22日
  • 2020年11月26日
  • 2020年11月28日
  • 2020年11月28日
  • 2020年12月1日

蝶々夫人、G.プッチーニ

蝶々夫人、G.プッチーニ

ジャコモ・プッチーニの作品の中には、よく希望のない愛や運命のヒロインが登場します。デーヴィッド・べラスコの戯曲「マダム・バタフライ」の蝶々さんという登場人物にプッチーニがすぐに魅力を感じたのも当然のことでした。ロンドンでこの公演を偶然見たプッチーニは、英語を話しませんでしたが、ヒロインの感情性を強くつかみました。プッチーニの素晴らしい悲劇「蝶々夫人」が今シーズン、フィレンツェのMaggio Musicale Fiorentino劇場で公演されます。

プッチーニの作品を何度も手がけた台本作家のルイジ・イッリカとジュゼッペ・ジャコーザの協力を得て、プッチーニはこの新しいオペラに文化的要素をはっきりとした形で挿入しようと細心の注意を払いました。舞台装置には日本の装飾を取り入れ、音楽には極東とアメリカのモチーフを使うことで、それぞれの登場人物が特徴づけられ、聴く者はさらにこの悲劇のストーリーに引き込まれます。プッチーニがアジアを舞台にするという冒険をおかしたのはこの作品が初めてでしたが、その後遺作となった「トゥーランドット」でもアジアを舞台にしました。

「蝶々夫人」には、アメリカ海軍中尉ピンカートンを心から愛する蝶々さんが登場します(「蝶々夫人」の原題は「マダム・バタフライ」で、バタフライは蝶々という意味です)。ピンカートンの方は、蝶々さんを単なるエキゾチックな冒険とつかの間の情熱の対象とみなしています。彼が日本を離れる時、蝶々さんは悲しみで心が張り裂けそうになっていますが、それでもいつか彼が戻ってくることを信じています。

3年の月日が流れ、ピンカートンが再び日本の地を踏んだ時、蝶々さんには既に彼の息子がいました。蝶々さんの希望や夢とは対照的に、ピンカートンは息子をアメリカに連れ帰り、アメリカの家族と一緒に暮らしたいと考えているだけでした。長い間待った末、恋する人から信じられないほどの無神経さで扱われた蝶々さんは、自らの手で人生を終結させることを選びました。

蝶々夫人の胸に宿った相反する感情は、プッチーニに強烈で刺激的な音楽を作り出すインスピレーションを与えました。愛、欺き、希望、絶望 ―これらのすべての感情が、巨匠プッチーニの苦労と創造性に満ちたオーケストレーションで、音楽という形態をとってすべての人の心に響きます。蝶々さんがピンカートンを慕い、その帰りを信じて歌う「Un bel di vedremo ある晴れた日」 は、作品の最高潮とも言える場面であり、オペラ全体の中でもソプラノが豊かな感情を歌いあげるアリアとしてよく知られています。

「蝶々夫人」は、1904年2月17日にミラノのスカラ座で初演されましたが、予想に反して好評を得ることはできませんでした。プッチーニは改訂を加え、1904年5月28日にブレシアで2度目の初演を行いました。今度はこの作品は大成功を収め、その時以来、オペラ史上の傑作という正当な評価を受けることになりました。




image Teatro del Maggio Fiorentino / Michele Monasta