Opera Tickets Italy

Teatro del Maggio Musicale Fiorentino


Platea 1, € 96
Platea 2, € 72
Platea 3, € 60
Platea 4, € 48



椿姫、G. ヴェルディ

椿姫、G. ヴェルディ

ジュゼッペ・ヴェルディは天賦の音楽の才能でオペラの世界に大きな影響を与えました。また、作曲の手法と主題に関しても規範にとらわれず、時代に挑戦するという勇気も示しました。ヴェルディの3作目のオペラで、間違いなく中期の傑作とされる「椿姫」は、それ以前は誰も行わなかった音楽的手法やテーマを探求するというヴェルディの決意をよく表しています。今シーズン、フィレンツェのTeatro del Maggio Musicale Fiorentinoで、永遠の真実を伝えるストーリーと音楽が響きます。

ヴェルディと、彼のお気に入りの台本作家、フランチェスコ・マリア・ピアーヴェは、アレクサンドル・デュマの戯曲「La dame aux camelias」からインスピレーションを得ました。卓越した美、魅力、知性を誇る、パリの高級娼婦マリー・デュプレシの実話に基づいています。 オペラ「La Traviata(道を踏み外した女、の意)」では、彼女はヴィオレッタ・ヴァレリーという名前で描かれ、彼女とアルフレード・ジェルモンとの愛のストーリーが展開します。この若い貴族の素朴で純粋な感情に、ヴィオレッタは初めは戸惑います。彼女は高級娼婦の生活を放棄し、彼との生活にかけますが、パリの高級社会はそれを冷たい目で見ています。アルフレードの父ジョルジョの圧力で、ヴィオレッタは、彼の家族の名誉を守るためにアルフレードのもとを去り、以前の生活に戻ります。彼女は結核に倒れ、アルフレードは彼女が強いられた犠牲について知り、最後の瞬間を一緒に過ごします。ヴィオレッタは、見せかけの社会の道徳に反抗しながら、愛されていることを感じ、幸せにこの世を去ります。

「椿姫」は1853年3月6日にヴェネツィアのフェニーチェ劇場で初演されましたが、あまり成功とは言えませんでした。うまく行かなかったのは、ストーリーに偏りがあったことと、年配の官能的なソプラノが若く繊細で病弱なヴィオレッタを演じたことのためだと言われています。ヴェルディは、それでも自信を失うことなく、修正を加え、配役も変えて、1854年にヴェネツィアのガッロ劇場(旧サン・ベネデット劇場)で再演しました。

音楽的に見ると、この「椿姫」で、ヴェルディは、メロディーとオーケストレーションを演劇的可能性として作品にこめる才能を非常によく示しました。素晴らしい「乾杯の歌 Libiamo ne' lieti calici」、ヴィオレッタのアリア「花から花へ Sempre libera」、「ある日、幸運にも Un di felice」、「ああ、そは彼の人か Ah, fors'è lui」、アルフレードのアリア「ああ、心が痛む!恥ずかしい! O mio rimorso!」などをお楽しみください。




image Teatro del Maggio Fiorentino / Michele Monasta