オペラ チケット イタリア

ラ・ボエーム、G.プッチーニ

ラ・ボエーム、G.プッチーニ

ボヘミアンのライフスタイルは作曲家や作詞家に、何世代にも渡って影響を与えましたが、現在世界中で愛されている、ジャコモ・プッチーニのオペラ「ラ・ボエーム」ほど偉大な作品はおそらくないでしょう。プッチーニの完成度の高いオペラのひとつであり、ドラマ性という点から見て完璧で、聴く人の心を最初から最後までとらえて離しません。パリのボヘミアンの特徴の喜劇的な面も悲劇的な面も織り込まれ、プッチーニのメロディーがいつまでも心に響きます。この美しい作品を、フィレンツェの聖マルコ聖公会教会では、6人の歌手とグランドピアノのためのこじんまりとしたアレンジで、お楽しみいただきます。

プッチーニは、彼の意図を忠実に表現してくれる、ルイジ・イッリカとジュゼッペ・ジャコーザが書いた台本をもとに、「ラ・ボエーム」を作曲しました。ライバルだったルッジェーロ・レオンカヴァッロも、同時期に同じ材料でオペラを作曲していたので、プッチーニはよりいっそうの情熱とエネルギーを持って作曲を進めました。作品が完成すると、プッチーニの優れた音楽、ジャコーザとイッリカの機知に富んだ会話とすぐれたドラマ性の洗練された組み合わせで、「ラ・ボエーム」はすぐにクラシックの名曲に数えられるようになり、 1896年2月1日、トリノ・レージョ劇場で初演されて以来、常に世界中の舞台で人気作として成功を収めてきました。

ストーリーは、愛すべきパリのボヘミアンのグループの突飛な行い、そして燃えるような気性を持った詩人ロドルフォと、魅力的だが病弱なお針子のミミのラブストーリーを中心に展開します。気持ちが強く、深くなるにつれて、二人は人生の過酷な現実に直面し、貧困と病気に立ち向かわなければならなくなります。活気に満ちた周りの人々は、ずっと二人を助け続けますが、二人は結局最も難しい選択を迫られます。真実の愛がすべてを克服するかどうか、聖マルコ教会で、このクラシック・オペラをご覧ください。

「ラ・ボエーム」のミニマリストのアレンジにより、プッチーニの、メロディーと音楽による性格描写の才能がさらに光ります。細心の注意を払って作曲された、ミミの「Si、mi chiamano Mimì 私の名はミミ」やロドルフォの「Che gelida manina 冷たい手を」では、登場人物の感情の深みや気持ちの動きが心に響きます。グランドピアノのみの伴奏で、メロディーはさらに輝きを持つことでしょう。




image La Bohème, Opera by G. Puccini at St. Mark's Church