オペラ チケット イタリア

Teatro del Maggio Musicale Fiorentino


Platea 1, € 216
Platea 2, € 180
Platea 3, € 144
Platea 4, € 108



ファルスタッフ、G.ヴェルディ

ファルスタッフ、G.ヴェルディ

最後のオペラ「ファルスタッフ」を作曲した時、ジュゼッペ・ヴェルディは80歳という高齢でしたが、この作品には年齢を感じさせないコミカルな魅力と音楽的な敏捷性があります。ヴェルディ自身、最初は高齢でもう一つの大作を作れるかどうか迷っていましたが、作曲への誘惑はあまりにも強かったのです。彼は何十年も前からコミックオペラを書きたいと思っていました。彼が生涯にわたってシェイクスピアを崇拝していたことも、「ファルスタッフ」を書くことに有利に働きました。1893年2月9日、ミラノのスカラ座での初演は、まずまずの成功でした。しかし、アルトゥーロ・トスカニーニ、そして後にはヘルベルト・フォン・カラヤンやレナード・バーンスタインが、このオペラを自分のレパートリーにしたことから、このオペラは本格的に人気を集め始めました。今シーズン、フィレンツェのMaggio Musicale Fiorentino劇場で、ヴェルディの「ファルスタッフ」が公演されます。その喜劇性と音楽性をお楽しみください。

それ以前に、シェイクスピアの代表作「オテロ」のような作品をヴェルディのために優れた台本にしたのは、アッリーゴ・ボーイトでした。この作品でも、彼がヴェルディに協力し、シェイクスピアの戯曲「ウィンザーの陽気な女房たち」からインスピレーションを得た他、「ヘンリー四世」の第一部と第二部からいくつかの場面を取り入れてこの喜劇作品の台本を作成しました。物語は、太った不器用な騎士ジョン・ファルスタッフ卿が、1人ではなく2人の既婚女性と恋愛関係を持とうとする滑稽な試みに焦点を当てています。ファルスタッフは、2人の女性の夫が非常に裕福であることから、女性への欲望だけでなく、金欲にも駆られます。女性に好かれようとする彼の無意味な試みと、それによって引き起こされるトラブルを中心に物語は展開され、初めから終わりまで人々を笑いの渦に巻き込みます。

「ファルスタッフ」は、ミラノでの初演後、何度も改訂が行われましたが、ヴェルディ最後のグランドオペラとしてのコミカルさと活気は失われませんでした。今シーズン、フィレンツェのMaggio Musicale Fiorentino劇場は、19世紀末のこの名作を忠実に再現し、滅多に見られないヴェルディの喜劇的な才能に敬意を表します。




image Teatro del Maggio Fiorentino / Michele Monasta