オペラ チケット イタリア

St. Mark's Anglican Church


VIP, € 48
I, € 37



カルメン、G.ビゼー

カルメン、G.ビゼー

1875年3月3日にパリのオペラ=コミック座で初演された時、ジョルジュ・ビゼーの「カルメン」は、聴衆の多くに衝撃を与えました。社会の片隅に生きる人々、生意気で不道徳な生き方、そして暴力は、フランスの上流社会に認められるものではありませんでした。それにもかかわらず、ビゼーの素晴らしい音楽はすぐに好評を博し、この作品はオペラの不滅の名作の一つとなりました。今回この「カルメン」が特別なミニマリストのアレンジで、フィレンツェの聖マルコ聖公会教会で演奏されます。シンプルなピアノの伴奏で7人の歌手がお送りする「カルメン」は、ビゼーの大作の新しい側面を見せてくれることでしょう。

オペラ「カルメン」では、絶え間なく登場人物が出入りし、さまざまなことが起こります。登場人物は歌い、踊り、戦い、集い続け、衝動的な行動と生の官能性で、ストーリーはスピードを持って展開します。ビゼーは、まさにこの効果を狙って、プロスペル・メリメの小説をもとに、今日「カルメン」として知られている、激しく悲劇的なドラマを作るため、台本作家アンリ・メイヤックとリュドヴィク・アレヴィに仕事を依頼しました。魅惑的なジプシーのカルメンは、トラブルから抜け出すために、自分の美しさと魅力を大胆に利用します。若い兵士ドン・ホセを誘惑し、彼を職業上破滅に追い込み、次に闘牛士エスカミーリョに目をつけると、すぐにどん・ホセを捨ててしまいます。傷心のホセはついに耐え切れず、大変な結果を招いてしまいます。

ビゼーは、「カルメン」の設定に適した音楽的雰囲気を作り上げることに細心の注意を払いました。聞く人が1820年代のセビリアにいると感じられるような、本格的な音楽を生み出すために、スペインの民俗音楽を絶えず研究しました。カルメンの歌うハバネラ「L'amour est un oiseau rebelle 恋は野の鳥」のような不滅のメロディーは、魂に触れ、登場人物の複雑な内面を見せてくれます。聖マルコ教会では、ビゼーのクラシック・オペラをユニークなシンプルアレンジでお送りします。有名なアリアやデュエットが、より印象的にお楽しみいただけることでしょう。