オペラ チケット イタリア




    Movies in Concert

    Movies in Concert

    音楽は映画という魔法の世界で重要な役割を果たしてきました。美しいメロディが、大きなスクリーンに写し出される登場人物のせりふ、動き、感情、ストーリーを彩り、より豊かにします。多くの映画のタイトルはそのまま主要な音楽テーマのタイトルともなり、エンニオ・モリコーネ、ジョン・ウィリアムズ、ハンス・ジマーといった作曲家は、素晴らしい才能と技術で思い出に残るサウンドトラックを作り、キャリアを築きました。Complesso Monumentale Donnareginaで行われるコンサート「Movies in Concert」では、Orchestra Sinfonica Città di Romaによる演奏で、映画のテーマ音楽やサウンドトラックをライブでお楽しみいただきます。才能あふれるミュージシャン、コーラス、優雅なソプラノが、現代映画の吟遊詩人が語る映画の歴史への旅に皆さまをいざないます。

    コンサートでは、まず、セルジオ・レオーネ監督で大成功を収めたマカロニウェスタン「夕陽のギャングたち」と「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト」という、エンニオ・モリコーネの初期の2作品が演奏でされます。次はラミン・ジャワディの「ゲーム・オブ・スローンズ」のテーマで、現代のサウンドトラックをお聞きいただきます。その後はまたクラシックに戻り、モーリス・ジャールの壮大な「アラビアのローレンス」、そしてヴァンゲリスの豊かで夢のようなサウンドスケープ「ブレードランナー」と「炎のランナー」が続きます。コンサートでは、ジャンルにこだわらず、人気のあるサウンドトラックが次々と演奏され、特にエンニオ・モリコーネは、「ニュー・シネマ・パラダイス」や「海の上のピアニスト」など最高のメロディーで何度も登場。ジョン・ウィリアムズの「シンドラーのリスト」と「スター・ウォーズ」、ハンス・ジマーの「グラディエーター」、フランシス・レイの「ラブ・ストーリー」、リヒャルト・シュトラウスの「2001年宇宙の旅」のテーマなどをお楽しみください。

    Orchestra Sinfonica Città di Roma、コーラス、ソプラノの素晴らしい演奏が、皆さまを音楽の調べの翼に乗せ、幻想的な映画の世界への旅にいざないます。世界中で愛される映画という形の芸術の魅力、感情性、情熱を、「Movies in Concert」のライブでどうぞお楽しみください。